nnHEADWAY/P

製品概要

誠に勝手ながら、諸事情により現在新規お引合はお受けしておりません。ご検討いただいたお客様には申し訳ありませんが、ご了承いただけますようお願い申し上げます。

プログラムだけでは、ソフトウェアとは呼べません。プログラムにドュメントを加えて、ソフトウェアとなります。それにより、品質と生産性を向上する道が拓けます。

  • 構造化チャート表記方法として、多くの企業や人々の間で支持されているHCPチャートを用いて設計を行います。
  • プログラム設計ツールとコーディングツールを一体化し、ソフトウエア開発の効率化を実現しました。
  • 簡単で操作性の良いHCPチャート編集機能や、様々な開発支援機能、豊富なカスタマイズ機能を備えています。
  • ドキュメント生成、カスタマイズ機能、操作性を更に充実させました。
  • HCPチャートガイドやチャート記号リファレンス、および nnHEADWAY/Pチュートリアルにより、初めてのHCPチャートとツール導入を容易にします。

特徴

■設計とコーディングを一体化

  • HCPチャートを使用して、ソフトウエアの設計ができます。
  • コーディングは、チャートを見ながらテキストエディタにより行います。
  • チャートとソースコードは、チャートファイルとして一体管理されます。

■半自動コーディング

  • チャート記号および説明文を解析し、ソースコードを半自動生成します。
  • 生成ルールは個別にカスタマイズ可能です。
  • 対象言語は独自に設定できます。

半自動コーディング実行前

半自動コーディング実行後

■外部開発環境との連係

  • nnHEADWAY/Pからコンパイラなどの外部プログラムを起動できます。
  • チャートファイルからソースコードをテキスト形式で抽出できます。

■ソースコードからのチャート生成

  • Cプログラムを解析し、HCPチャートを自動生成します。
  • 対象言語はC言語のみです。

Cプログラム

チャート自動生成実行結果

■ドキュメント機能

  • チャートファイルから、設計情報をまとめたドキュメントを自動生成します。自動生成されるドキュメントは、Microsoft Word形式またはHTML形式です。

    ドキュメントサンプル・・・PDF(304KB)

  • (Microsoft Word形式で自動生成したドキュメントを、PDF形式に変換したものです。)
  • OLEサーバ機能により、HCPチャートをMicrosoft Wordなどにそのまま貼り付けできます。

■他のWindowsアプリとの連係

  • VB Scriptによるマクロ機能を搭載し、拡張性をアップしました。