メッセージ

最先端の技術で、デンソーグループのソフトウェア開発を牽引する。それが私たちの使命です。

株式会社デンソークリエイト 代表取締役社長林 新之助

デンソークリエイトは1991年、自動車部品最大手であるデンソーのエレクトロニクス開発部門から分離独立し、『ソフトウェア技術でクルマの未来を創造する会社』として設立されました。

自動車業界は、今、100年に一度のパラダイムチェンジを迎えています。EV・PHVなど車の動力の「電動化」、運転支援機能の究極の姿である「自動運転」、インターネットに接続することで安全性、利便性を飛躍的に向上させる「コネクティッド・カー」、更には、車を共同使用する「カーシェアリング」など、新しい技術やサービスの登場で車の価値が劇的に変化し、自動車業界の勢力図を大きく変える可能性があるとまで言われています。これらの変化の本質は、クルマの付加価値の源泉が「モノ」から「コト」へ、「ハードウェア」から「ソフトウェア」へ相対的にシフトしていくことです。複雑大規模化するソフトウェアを如何に上手く、効率よく、高品質で作れるか。更には、ソフトウェアの付加価値をどう高めるか。その戦略の立案と遂行力が自動車関連企業の競争力に直結する、そんな“ソフトウェアの時代”が到来したと考えてよいでしょう。

当社の強みは、世界のソフトウェア技術の最先端をキャッチアップできる「先進性」、そして、車載ソフトウェアを知り尽くした「専門性」です。この両輪を回し、お客様に最適なソリューションをご提案していくのが私たちのミッションです。また、大規模ソフトウェアの開発は、形のないもの、即ち、エンジニア達の頭の中にあるソフトウェアに関する情報やノウハウを紡いで、一つの創造物にしていく行為です。ですから、技術そのものの追求だけでなく、エンジニア同士のチームワークや個々の能力を最大限に活かす環境づくりが大切であり、クリエイトはそんな側面にも拘っていきます。

私たちデンソークリエイトは、今後も長年培ってきた車載ソフトウェア技術のノウハウを活かし、常に提案する姿勢でデンソーグループ、そして自動車産業に様々な提案をしていけるよう努力してまいります。これからも、人とクルマと未来の間で常に進化をし続ける当社に、どうぞご期待ください。

代表取締役社長 林 新之助